東京駅から約4km TOYOSU22

豊洲エリアの
街づくり

そこは、水と緑あふれる隣都心。
22世紀に引き継ぐ街が、豊洲に。

当社は、豊洲埠頭に約18haの土地を所有しており、
“TOYOSU22”というビジョンを定め、
長期的な視点で、質の高い魅力的な街づくりに取り組んでいます。

“TOYOSU22”で始まる
新たな街づくり

都心と臨海副都心を結ぶこの場所は、
2020年オリンピック・パラリンピック開催により、
さらなる注目が期待されます。

※“TOYOSU22”:水と緑あふれる隣都心豊洲の22世紀に引き継ぐ価値ある街づくり。

街づくりのコンセプト

3つのSMARTをコンセプトに
街づくりを始めています。

1 SMART ENERGY

スマートエネルギーネットワークの
構築に着手

区域4の「スマートエネルギーセンター」を核として、ICT(情報技術)の最適制御により、エリア全体で熱と電気を効率的に活用し、省エネルギーと省CO2を実現するスマートエネルギーネットワークを構築していきます。停電などの非常時にも電気・熱を継続供給できる防災面からも優れたインフラです。エネルギー供給は豊洲市場のある区域5、6、7から開始。街づくりの進展に合わせて、段階的にエネルギーネットワークを構築していきます。

スマートエネルギーネットワークの図

2 SMART GREEN

グリーンから始める
街づくりがスタート

未来のTOYOSU22を水と緑にあふれた美しいエリアにする。そのビジョンを実現する取り組みが「自然の緑」と「都市の緑」をクロスさせた「グリーンクロス」です。街の生物多様性にも寄与する本格的な森となるように植えられた「自然の緑」とこれから建物とともに植えられる人工的な「都市の緑」。都市の利便性と深みのある自然景観の両立を目指した「グリーンクロス」について実験的に取り組んでいます。

3 SMART COMMUNITY

スマートコミュニティの
テーマはSPORT×ART

スマートコミュニティの形成を目指し、「SPORT×ART」をテーマとした取り組みを始めています。2020年東京オリンピック・パラリンピックを活かし、TOYOSU22の未来の豊かなライフスタイルやコミュニティをつくるイベント等を実施しています。

全周約5kmの「ぐるり公園」が
コミュニティ空間に

豊洲埠頭を取り囲む全周約5kmのぐるり公園は、ランニング等のスポーツや散策などを楽しめるTOYOSU22ならではのコミュニティ空間となっています。

開発・エリア価値向上のための
土地活用

豊洲市場の開場や、2020年オリンピック・パラリンピック開催による
東京臨海部の盛り上がりを契機として、不動産マーケットの状況を踏まえながら、
資産価値向上につながる開発および情報発信を推進していきます。

開発

区域1:売却済(デベロッパーが、分譲集合住宅を開発)
区域4-A:スマートエネルギーセンターの建設
区域4-B:事業者に土地を賃貸し、ホテル・スポーツ複合施設等を開発
区域4-C:事業者に土地を賃貸し、オフィス・ホテル等を開発

エリア価値向上のための土地活用

豊洲地区のブランド価値を高めるべく、10の事業者に土地を賃貸して、地区の賑わい創出や知名度アップを図っています。以下の①⑩

TOYOSU22周辺地図

1

スマートハウジング豊洲まちなみ公園
[住宅展示場(20区画)]

2

WILD MAGIC
[アウトドアパーク(BBQ・カフェ)]

3

MIFA FOOTBALL PARK
[フットサルコート]

4

チームスマイル・豊洲PIT
[復興支援ライブシアター]

5

チームラボプラネッツ TOKYO
[デジタルアートテーマパーク]

6

新豊洲Brilliaランニングスタジアム
[スポーツ練習施設]2017年度グッドデザイン賞受賞

7

マギーズ東京
[がん患者相談支援施設]

8

マイビレッジ
[英語による子供向け各種教室]

9

サイタブリアフードラボ
[ケータリング厨房施設]

10

IHIステージアラウンド東京
[客席回転型劇場]

A

東京ガス豊洲スマートエネルギーセンター
[地域冷暖房センター]

B

Dタワー豊洲
[ホテル・スポーツ練習場・店舗]

C

(仮称)豊洲六丁目4-2、3街区プロジェクト
[オフィス・ホテル・交通広場・店舗]

【参考】(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画
[集合住宅・店舗・保育所]

当社保有地概要

区域 面積 見直し相当用途 容積率
区域2 5.3ha 第二種住居地域 420%
1.5ha 商業地域 420%
区域4 9.7ha 第二種住居地域 420%
区域8 1.7ha 商業地域 315%
合計 18.2ha

※見直し相当用と容積率(見直し相当容積率十評価容積率)は都市計画により決定されます。

高潮や津波から街をまもる防潮護岸

豊洲埠頭を取り囲むように整備された防潮護岸は、東京都が公表した巨大地震による最大津波※を上回る高さが確保されています。

■防湖護岸の断面イメージ

※「首都圏直下型地震等による東京都の被害想定」(2012年4月東京都公表)による江東区における満潮時の最大津波高さ。

隣都心・豊洲は、アクセスの良さも魅力

東京駅からの直線距離で約4kmの好立地。国際化が進む羽田空港まで、首都高速道路豊洲ランプからわずか11分。

豊洲駅からのアクセス

<地下鉄8号線>2016年4月の交通政策審議会答伸「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」において「国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクト」と位置付けられています。

最近の豊洲エリアの開発状況

  • ぐるり公園(護岸)方面
  • レインボーブリッジ方面
  • 晴海・勝どき方面
  • 豊洲駅方面

その他の開発実績